<p><br /><font size="2"> 先月27日の政府防衛省の北朝鮮「人口衛星」発射に対する「破壊措置=迎撃」命令により、習志野基地にも実弾を装填したPAC-3システムが展開しています。こうした明らかな「軍事出動」に抗議する「「迎撃」名目のミサイル防衛発動を許すな!」行動が昨日夕方に防衛省前でもたれました。市民ネットワーク千葉県も要請文を提出しました。<br />要請文はこちら(<a href="http://www.ken-net.gr.jp/pdf_gikai/106.pdf">PDF</a>)<br /><br /><img height="187" width="206" alt="" src="/test/admin/601/img_data/Image/P1.jpg" />  防衛省前で抗議する川本県議<br /> <br /> 右翼の無内容で大音量の妨害の中約70名が集まり、アピールの第一番として、習志野基地に関して川本県議がきわめて的確な問題告発を行い、その後入間、朝霞、浜松他、終始充実した発言が続きました。報道陣も多数集まりいくつかのメディアに紹介されています。</font></p><p><font size="2"> 4月5日には習志野基地に対する申し入れ行動を行います。</font></p><p><font size="2">                         平和部会:吉沢弘志</font></p><p><font size="2"><br />◆北朝鮮の「人工衛星」発射に対してミサイル防衛が発動されたことに抗議する<br /> 習志野基地へ抗議の申し入れ <br />  4月5日(日) 午後2:30 自衛隊習志野基地正門前<br /></font></p>